劇場公演のつくりかた④ 〜宮沢賢治【風の又三郎】 この物語は、まずその成り立ちが面白い。〜

2021年4月9日

劇団【放電家族】事務所/稽古場にて、初の脚本制作ミーティングでした。

劇作家/天野潤一郎さんにコンサルをお願いし、オリジナル脚本を仕上げます。
宮沢賢治【風の又三郎】は、著作権がフリーとなり、インターネット上の電子図書館【青空文庫】から入手できます。ご興味のある方は是非こちらからどうぞ♪

宮沢賢治【風の又三郎】

 

この物語は、まずその成り立ちが面白い。

 

あまり知られていない話しですが【風の又三郎】というお話には、もう一つ、別のバージョンがあります。
広く一般に知られているのは、最後まで謎の転校生で終わりを迎えるお話し。高田三郎という不思議な転校生と過ごした9日間の物語り。風の神、又三郎ではないのか?!と噂されますが、最後まで正体は明らかにされず、読者をなんとも言えない不思議な気持ちにさせます。

 

そして、あまり知られていない、別バージョンというのがこちら→【風野又三郎】

こちらははっきりと、風の神又三郎として登場します。風の神といえば、日本神話に登場するスサノオ。気になったので検索サーフィンしてたら面白い記事を発見したのでシェアします。
風の神はどうして「三郎」なの?雑節「二百十日」に現れる撹乱者=トリックスター

 

どちらも宮沢賢治さんの死後に発表された作品のようです。風野又三郎の改新版が、風の又三郎。そしてこの原作=風野(神)が、現代にあまり知られていないって何かミステリアスですし、この立体的な世界観の魅せ方がツボです。ただの物語ではない感じ。そして、この作品、知ってるようで内容しらない人が多いのも謎。(ぼくもその一人でした。)

 

 

小説、映画、お芝居、詩、音楽、舞踊、それぞれに得意な表現分野があような気がします。
そのなかで、舞踊が表現しうる分野はそれほど広くないけど、最も抽象度の高い世界、人智を超えたモノ、言葉という概念で表現することが難しいコト、を表現する手段として適しているのでないかなと、考えていたぼくにとって、この風の(野)又三郎という題材は、とっても意欲をそそられる題材でした。
また書きます♪

 

最近の記事

  • 関連記事一覧
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP