その②

前回の投稿から、あっという間に1ヶ月。

公演の題材を宮沢賢治【風の又三郎】に決定。脚本の共同制作を、劇団放電家族主宰/劇作家の天野潤一郎さんに、制作のアドバイザー件、舞台監督を、福田由香さんににお願いした。

そして、岐阜県教育文化財団が、コロナの影響に伴い文化活動に影響を受けたアーティストを支援する助成金事業の募集を知り、試しに申請してみたら通った。はじめての助成金申請である。

これにより、10万円ほどの助成を受け、「岐阜県文化芸術活動応援助成事業」として、まずは 〜風の又三郎〜”制作発表公演”と題し、パフォーマンスを行うことにした。

3月28日 (日)18:30〜
この船出を報告し、本公演の成功を祈願する【風の又三郎】制作発表公演を行うことに。

会場は、ぼくが運営するスタジオ向かいの畑に、コロナ禍以降、反射的に創った、農園ステージ!
よくもまあ、制作発表公演だとか、農園にDYIで創ったステージだとか、そんな前例のない企画を採択してくれたなあと、岐阜県教育文化財団さまの懐の深さに敬意を表したい。

ありがとうございます!

がんばります!

 

最近の記事

  • 関連記事一覧
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP