その①     

2021年1月21日(木)

「やっぱり劇場で踊りたい!」
突然想いたって、劇場をおさえた。
2021年12月16/17日の2日間
いつかやろうと思ってたタイミングがコロナの影響で、やるなら今しかねーと思った。
これまでに開催したセルフプロデュース公演は、どれもギャラリー的な空間だったので、
劇場公演をゼロから創り上げるのは初めての挑戦となる。
https://shigekiyamada.info/これまでのソロ公演2007〜/

劇場

コロナの影響による入場制限/自粛により、客席半数で「満席」ということで、集客のプレッシャーが半減し挑戦の敷居が下がった。また、今後、VR配信などが普及したら劇場公演の売り方も変わるのかもしれない。
そして、コロナ禍によって絶滅危惧種となりそうな劇場公演の魅力を伝え、一人でも多くの方に劇場公演という文化芸術のファンになってもらえたら嬉しい。ぼくはそもそも舞台が好きだったことを思い出した。
僕にとって、キャパ300を満席にしようという試みは、とても楽しみであると同時に、なかなかにして恐ろしい挑戦でもある。でも、もし、自分の企画できちんとしたお金の流れを創造できたら、今の僕の「仕事」として、これ以上の幸せはない。

資金繰りの計画から、PR、スタッフの手配、チケットの販売管理、当日受付、感染症対策、総括してくださる「舞台制作」のプロフェッショナルと組む必要があると思い立ち、劇場を押さえた直後、頭に思い浮かんだ、ある人物。
名古屋市内の某制作会社にて長年舞台制作に携わってきた福田由佳さん。
その方は、ぼくが18才の時の初舞台で出会い、その後何度かご一緒し、お会いすると何故か安心する人物。
早速電話して、明日は、第一回目の制作会議。

まずは本番まで何が起こるかわからない、
ドタバタ創造の過程を御観劇いただきたい。

最近の記事

  • 関連記事一覧
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP